電力会社 電気料金 比較

電力会社の電気料金の比較ガイド!

現在日本にお住まいの多くの方にとっては電力会社と言えば既存の電力会社、例えば関西電力、東京電力、四国電力などを思い起こされるでしょう。

 

しかし、最近ちょくちょくニュースになって来ていますが、日本には現在これらの巨大電力会社以外にも独自に電力を提供している企業が存在しています。

 

それらの企業は独自の送電網を持ちませんので、既存の電力会社の送電網を利用して契約者に電力を供給しているのですが、彼らの事を通称、新電力会社と呼び、また彼らが提供している電力の事を新電力と呼びます。

 

さて、既存の電力会社が世界的に見てもトップ水準の安定度で電力を供給している現在の日本において、わざわざ新電力会社と契約を結び、新電力を利用するメリットは何でしょうか?

 

それはもちろんコストです。

 

新電力の電気料金の方が、既存の巨大電力会社のそれよりも割安である傾向が強く、その為、わざわざ新電力会社と契約を結ぶ手間をかけるのです。

 

しかしながら現在の所、新電力は法規制により、50kw以上の電力消費を行う所のみが契約可能となっています。

 

50kwと言ってもピンとこられないかもしれませんのでご説明しますと、電気事業連合会が公表している資料によれば2009年の1世帯あたりの1ヶ月の電力使用量が平均283.6kwhとの事です。

 

1kwhとは1kwの電力を1時間利用した時の電力使用量になり、これが2kwの電力であれば30分間の使用量となります。

 

つまり50kwの場合ですと、一般世帯1か月分の電力使用量がたった6時間弱で全て使い切ってしまう計算になります。

 

なので一般家庭は利用しようが無いのが現状です。

 

しかし、東日本大震災の影響もあったのでしょう。

 

この法規制が改正され、2016年4月1日からは一般家庭でも新電力の割安さを享受できる様になる事が決まっています。

 

皆様もこの機会に割安新電力会社を探し、お得さを追求されてみてはいかがでしょうか?

 

 

新電力のメリットについて

 

電力の自由化に伴いこれまで電力販売を独占していた電力会社から、新電力と呼ばれる新たに電気を供給する事業者が注目されています。新電力と呼ばれるこれらの新規事業者のメリットとしてはなんといっても電気使用料金が割安になる可能性を秘めているということです。

 

これまでは1社の電力会社が事業を独占している状態だったので、電力供給事業に市場の競争原理が全く働かなかったために、電力使用料金はずっと改定されること無く事業者が設定する金額に言いなりという状況でした。ですが、電力の自由化により新電力と呼ばれる電力供給会社が登場することによって、電力供給に関する競争がおこるので当然その価格設定にも影響してきて、これまでよりずっと安い電気使用料金で電気の供給を受けることが出来る可能性があります。

 

また、電気料金プランも様々な体系のものが登場することが予想されるのでそれぞれの家庭の生活スタイルにベストマッチした料金プランを選択することが出来る可能性が出てきます。 

 

 また、新電力の各社はクリーンエネルギーと呼ばれる地球環境に優しい太陽光発電や風力発電などのエネルギー源による発電で電気を得ている事業者も多く、これらの事業者を活用することは地球環境の保全にもつながりこれからの次世代を担う世代にも美しい地球環境を残していくという面でもメリットがあるといえます。

 

 新電力の登場によって市場での競争が激しくなることは顧客としてはメリットが多く歓迎すべきことといえます。